フィーチャーエリア

システム開発

システム開発1

ー システム開発のバグ共有は動画で

システム開発の現場でも動画は非常に有効です。例えばサイト開発、スマートフォンアプリの開発などそのテスト時に実際の端末で動作確認を行いますが、その様子を撮影しておくことで、端末やブラウザ固有の動きをパートナー同士で共有するのに役立ちます。動画で共有することでその動きについて正確に把握でき、素早いバグフィックスが可能となります。

システム開発2

ー 動画共有のメリット

また、クライアントがいる場合、先に動作イメージを作り、共有しておくことも重要です。開発が先行してしまった場合、想定していた動きと違った、など無駄な工数が発生してしまう場合があります。想定した動きを事前に動画で共有しておくことで無駄のない開発が可能となり、結果的に効率的な開発ができます。

システム開発3

ー 緊急時こそ動画が役に立つ

緊急時の状況確認にも動画は利用可能です。例えばアクセスはできるが挙動がおかしいなど、画面キャプチャでは不十分な場合でも、動きが確認できる動画ならでは強みが活かされます。動きに加えて音も収録できるため、音を含めた検証が可能です。最近はリッチコンテンツの配信も増えてきているためより立体的な検証や状況確認のツールを持っておく必要があると考えます。

BizDogaPlusの使い方や事例紹介など、毎週無料セミナーを開催中です!

資料ダウンロード

無料セミナーお申し込み

Top