動画から伝わる「ニュアンス」のチカラ

Dマン(仮)参上っ!!
みんな、動画は素晴らしいぞ o(`ω´ )o

えっ?なになに?唐突だって?
これはすまなかった!

私はDマン(仮)!
動画の秘めた力を解放し、ビジネスマンの君たちに伝えていくことが使命だ!

「ビジネスをもっと加速化・毎日の仕事をもっと効率化・今よりもっとコスト削減」
そんな世界を動画で叶えられることを証明していくぞ!よろしくな!

ところでそもそも君たちは動画にどんなチカラがあるか知っているかい?
動画には「ニュアンス」を伝えるというチカラがあるんだ。

例えば社会人一年目の君が初めて電話をかけるとしよう。君に渡されたのはビジネス電話のかけ方という1冊の本だ。本を読みながら一生懸命電話をかける。本には心構えや言葉遣いなどが書いてあり、とても参考になった。

だがやはり本では電話をかける際のテンションや声の抑揚やニュアンスがわからず、尻込みしてしまうかもしれない。

動画のチカラ

もし、このときに「この動画を見ておいて」と電話の様子を撮影した動画を見せられたらどうだろう。
本を読む、という行為では得られなかったニュアンスや言い回し、スピードそれらがすべて「動画を見ただけで」理解できるのではないだろうか。
特に声の抑揚はやはり動画であれば本当にわかりやすい。例えば本には顔は笑顔の状態で「こんにちは」と言ってみましょう。とかたまには「こんにちは」にアクセント記号や強く読む部分を示してくれている場合もあるだろう。だが動画であれば声の抑揚や表情からニュアンスを読み取ることができ、誰でも簡単に理解ができるんだ。

動画のチカラ

今回は動画のニュアンスを伝えるチカラについて迫ってみたぞ!
それではまたっ!

他の動画のチカラ
を見る >

Top