動画から伝わる「音」のチカラ

とうっ!Dマン(仮)参上っ!!
やあ、お待ちかね、「動画のチカラ」の時間だぞ!

君たちは動画の「音」を意識したことはあるかい?

音から得られる情報量は視覚が83%、聴覚が11%、嗅覚が3.5%、触覚が1.5%、味覚が1.0%という研究結果があるんだ。
目(視覚)と耳(聴覚)だけで得られる情報の実に94%を占める大事な情報。
しかも相互に補い合うような関係にあるんだ。その例を見ていこう。

動画のチカラ

例えば上記のプリンタ。音がない写真だと補足しないと故障しているのかいないのかがわからない。
けれども音がある動画なら紙詰まりを起こしているかどうかなどプリンタを開けなくても判断できるんだ。

動画のチカラ

次の例はカードキーだ。音は何かを「判断する」にも重要なんだ。
この場合はピッと鳴ることで扉が開いたことが判断できるんだ。逆にピーと長くなるとエラーであることがわかるなど、音が起因となって人はいろいろな判断ができるんだ。

動画のチカラ

そして最後の例はステーキだ。
言うまでもなく、写真よりも「ジュー」という音が鳴っているステーキの動画のほうが美味しさが伝わる。
つまり音によって「魅力」が増している証拠なんだ。

上記のようにこういったことを動画でなく説明しようと思うと写真に説明文を加えたり、写真を編集したり大変なんだ。
動画なら音の魅力を含んだまま、「ただ撮るだけ」で伝えることができるぞ。

さて、今回は動画の音の魅力について迫ってみたぞ!
それではまたっ!

他の動画のチカラ
を見る >

Top